skoharaの日記

日々のいろいろ

トリノ閉幕

始まるまではどうかな、と思っていたけどやっぱり面白かった五輪。早くも2年後、4年後が待ち遠しい。今回はやはりフィギュア関係が全種目面白かったです。ペアでは井上怜奈組のトリプルアクセルに始まって、中国のペアの負傷からの再開。男子シングルではプルシェンコの圧倒的演技、アイスダンスではまさかの転倒、そしてロシア、アメリカのすごさ、もちろん女子シングルでは荒川の金。

その他の種目ではやはりカーリング。今回はこれにつきるでしょう。ピンマイクの導入による選手の会話が聞けるようになり、より臨場感がまし、中継が面白くなったと思います。刈谷アナもナイスでした。

それからアルペンの回転。これはすごかった。皆川選手、4位とは。湯浅選手もやりました。佐々木、うーむ・・。しかし、次回はものすごく期待できそうです。

その他、距離系でもがんばりを見せました。おそらく、今回を境に日本のスキー競技の強い種目が様変わりしていくのではないか、と感じさせました。今までのジャンプ、ノルディック複合モーグルに代わって、アルペン、距離系が台頭してくるのではないかと思います。

しかし、今回は日本勢が4位が多かったですね。3位が一つもなく4位ばかり5つも・・。それを考えるとメダル予想数は必ずしも過大すぎたとは言えない気がします。まあ、ハーフパイプでの予想は大失敗でしたが・・。それ以外は比較的順当な予想でした。